Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light データベース管理とリファレンス

 

チュートリアル: Ultra Light CustDB サンプルアプリケーションの構築

CustDB サンプルは、SQL Anywhere とともにインストールされます。CustDB は、Mobile Link による SQL Anywhere 統合データベースとの同期を実行する多層データベース管理ソリューションです。

CustDB は、次のコンポーネントで構成されています。

  • SQL Anywhere 「統合」データベース。このデータベースは販売管理データが事前に挿入されています。

  • Ultra Light 「リモート」データベース。このデータベースは最初は空です。

  • Ultra Light クライアントアプリケーション。

  • MobiLink サーバー同期スクリプト。

サポートされているプログラミングインターフェイスとプラットフォームごとに、複数のバージョンのアプリケーションコードがあります。ただし、このチュートリアルでは、Windows デスクトップ用アプリケーションのコンパイル済みバージョンだけを使用します。各バージョンは、各プラットフォームの変換によって変わります。

注意

一度に実行できる CustDB のインスタンスは 1 つだけです。複数のインスタンスを実行すると、最初のインスタンスがフォアグランドに移されます。

CustDB を使用すると、販売担当者が取引を追跡、モニターできます。また、次の 2 種類のユーザーからの情報が収集されます。

  • ユーザー ID 51、52、53 で認証された販売担当者

  • ユーザー ID 50 で認証されたモバイル管理者

これらのユーザーによって収集された情報は、統合データベースと同期できます。

各レッスンを終了したら、次の操作を行う方法を理解できます。

  • Mobile Link サーバーを実行して、統合データベースと Ultra Light リモートの間でデータ同期を行う

  • Sybase Central を使用して Ultra Light リモートのデータをブラウズする

  • Ultra Light のコマンドラインユーティリティを使用して Ultra Light データベースを管理する

 参照

CustDB サンプルの概要
レッスン 1:CustDB アプリケーションの構築と実行
レッスン 2:Ultra Light リモートデータベースへのログインとデータ移植
レッスン 3:CustDB クライアントアプリケーションの使用
レッスン 4:CustDB 統合データベースとの同期
レッスン 5:Mobile Link 同期スクリプトのブラウズ
独自のアプリケーションの構築