Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースの作成

 

コマンドプロンプトでの Ultra Light データベースの作成

コマンドプロンプトからデータベースを作成するには、次のユーティリティのいずれかを選択します。

  • 空の新しい Ultra Light データベースまたは SQL Anywhere のリファレンスデータベーススキーマに基づく Ultra Light データベースを作成する場合は、ulinit ユーティリティを使用します。このユーティリティをオプションとともに使用すると、データベースを設定できます。SQL Anywhere リファレンスデータベースからの Ultra Light データベースの作成を参照してください。

  • 新しい Ultra Light データベースのスキーマかデータまたはその両方のソースとして使用する XML ファイルがある場合は、ulload ユーティリティを使用します。XML ファイルからの Ultra Light データベースの作成を参照してください。

  • 集中管理 : 展開したすべてのデバイスに MobiLink Agent が設定されている展開がある場合、またはアプリケーションで初期 Ultra Light データベースを展開できない場合は、この方法を選択します。これらのデバイスに新しい Ultra Light データベースを作成するようにリモートタスクを設定できます。これで、このデータベースを管理者が集中管理できます。リモートデータベースの集中管理を参照してください。

 新しい Ultra Light データベースの作成 (コマンドラインの場合)