Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Ultra Light データベースのタスクと機能

 

データベースオプションへのアクセス

オプションは、データベースの動作を設定するときに使用します。データベースオプションは、いつでも設定または変更できます。一時的なデータベースオプションは、データベースの実行中のみ保持されます。

オプションの値は、SET OPTION SQL 文を使用して設定します。たとえば、次の文を実行すると、global_database_id オプションが 100 に設定されます。

SET OPTION global_database_id=100;
 ♦ Ultra Light の永続データベースオプションのブラウズまたは変更 (Sybase Central の場合)

Sybase Central から、永続データベースオプションの設定を表示および変更できます。一時的に、Sybase Central から、Ultra Light データベースオプションを表示または設定できない場合があります。

  1. データベースに接続します。

  2. データベースを右クリックし、[オプション] をクリックします。

  3. オプションを設定またはリセットする場合は、[値] フィールドに新しい値を入力します。

  4. [すぐに設定] または [すぐにリセット] をクリックして変更をコミットします。

 参照