Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light データベース管理とリファレンス » Mobile Link クライアントとしての Ultra Light » Ultra Light クライアント » Ultra Light クライアントの同期設計

 

Ultra Light の allsync (すべて同期) テーブル

SYNCHRONIZE ALL を使用してテーブルを作成または変更すると、前回の同期セッション後に何も変更されていなくてもすべてのテーブルのデータが同期されるように、アップロード時の同期の動作を指定できます。

注意

テーブルの同期タイプは、アップロードが必要な未同期の変更がない場合にのみ変更できます。

一部の Ultra Light アプリケーションでは、SYNCHRONIZE ALL TABLES に保管できるユーザー固有またはクライアント固有のデータが必要です。統合データベースのテンポラリテーブルにこのテーブルのデータをアップロードして、他のスクリプトで同期を制御するのにそのデータを使用できます。そのため、統合データベースにそのデータを保持する必要はありません。たとえば、Ultra Light アプリケーションを使用してチャネルやトピックの中から関連のあるものを示し、この情報を使って適切なローをダウンロードする場合などが該当します。

注意

SYNCHRONIZE ALL 句でテーブルを作成または変更する代わりに、テーブル名に _allsync フレーズを付加して allsync テーブルに変更することができます。

 参照