Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Windows Mobile 向け Ultra Light アプリケーション開発 » Windows Mobile の同期

 

ActiveSync 同期の追加 (Windows API の場合)

Windows API に対して直接プログラミングしている場合は、Mobile Link プロバイダーからのメッセージをアプリケーションの WindowProc 関数で処理します。メッセージを受信したかどうかを判断するには、ULIsSynchronizeMessage 関数を使用します。

次の例は、メッセージの処理方法を示しています。



LRESULT CALLBACK WindowProc( HWND hwnd,
         UINT uMsg,
         WPARAM wParam,
         LPARAM lParam )
{
  if( ULIsSynchronizeMessage( uMsg ) ) {
    DoSync();
    if( wParam == 1 ) DestroyWindow( hWnd );
    return 0;
  }
  switch( uMsg ) {
  // code to handle other windows messages
  default:
    return DefWindowProc( hwnd, uMsg, wParam, lParam );
  }
  return 0;
}

DoSync は実際に ULSynchronize を呼び出すメソッドです。

 参照