Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light C/C++ プログラミング » Ultra Light for C/C++

 

Embedded SQL アプリケーションの開発

Embedded SQL アプリケーションを開発するときは、SQL 文に標準の C または C++ ソースコードを混在させます。Embedded SQL アプリケーションを開発するには、C または C++ のプログラミング言語に精通していることが必要です。

Embedded SQL アプリケーションの開発プロセスは、次のとおりです。

  1. Ultra Light データベースを設計します。

  2. 通常 .sqc という拡張子の付いた Embedded SQL ソースファイルにソースコードを記述します。

    ソースコードにデータアクセスが必要な場合は、"EXEC SQL" キーワードに続いて SQL 文を指定して実行します。次に例を示します。



    EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION
       int cost
       char pname[31];
    EXEC SQL END DECLARE SECTION
    
    EXEC SQL SELECT price, prod_name
       INTO :cost, :pname
       FROM ULProduct
       WHERE prod_id= :pid;
  3. .sqc ファイルの前処理を実行します。

    SQL Anywhere には SQL プリプロセッサー (sqlpp) が用意されており、.sqc ファイルを読み込んで .cpp ファイルを生成します。これらのファイルには Ultra Light ランタイムライブラリへの関数呼び出しが格納されています。

  4. .cpp ファイルをコンパイルします。

  5. .cpp ファイルをリンクします。

    コンパイルしたファイルは、Ultra Light ランタイムライブラリにリンクする必要があります。

 参照