Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Embedded SQL を使用した Ultra Light C++ アプリケーション開発 » アプリケーションへの同期の追加

 

同期パラメーターの初期化

同期パラメーターは、構造体に格納されます。

 ♦ 同期パラメーターの初期化 (Embedded SQL の場合)

構造体のメンバーは、初期化時に未定義です。構造体のメンバーの初期値にパラメーターを設定し、特別な関数を呼び出します。同期パラメーターは、Ultra Light ヘッダーファイル %SQLANY12%\SDK\Include\ulglobal.h で宣言された構造体で定義されます。

  • ULInitSyncInfo 関数を呼び出します。次に例を示します。

    ul_sync_info synch_info;
    ULInitSyncInfo( &synch_info );