Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light C/C++ プログラミング » アプリケーション開発 » Embedded SQL を使用した Ultra Light C++ アプリケーション開発

 

Embedded SQL の例

Embedded SQL は、C/C++ プログラムコードと擬似コードの組み合わせの環境です。従来の C/C++ コードの間に存在する擬似コードは、SQL 文のサブセットです。プリプロセッサーは、embedded SQL 文を、アプリケーションを作成するためにコンパイルされる実際のコードの一部である関数呼び出しに変換します。

Embedded SQL プログラムの非常に簡単な例を次に示します。従業員 195 の姓を変更して Ultra Light データベースレコードを更新します。



#include <stdio.h>
EXEC SQL INCLUDE SQLCA;
main( )
{
   db_init( &sqlca );
   EXEC SQL WHENEVER SQLERROR GOTO error;
   EXEC SQL CONNECT "DBA" IDENTIFIED BY "sql";
   EXEC SQL UPDATE employee
      SET emp_lname = 'Johnson'
      WHERE emp_id = 195;
   EXEC SQL COMMIT;
   EXEC SQL DISCONNECT;
   db_fini( &sqlca );
   return( 0 );
   error:
      printf( "update unsuccessful: sqlcode = %ld\n",
         sqlca.sqlcode );
      return( -1 );
}

この例は実際に使用するプログラムと比べてかなり簡単な内容ですが、Embedded SQL アプリケーションにおける次のような共通事項が示されています。

  • 各 SQL 文には、キーワード EXEC SQL のプレフィクスが付いている。

  • 各 SQL 文は、セミコロンで終わる。

  • 標準の SQL では実装されていない Embedded SQL 文がある。INCLUDE SQLCA 文はその一例です。

  • Embedded SQL では、SQL 文のほかに、特定のタスクを実行するためにライブラリ関数が提供される。関数 db_init と db_fini は、ライブラリ関数呼び出しの 2 例です。

 初期化
 終了の準備
 エラー処理
 参照

Embedded SQL プログラム構造