Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light - Java プログラミング » Ultra Light J アプリケーションの開発

 

Ultra Light J アプリケーションの開発

Ultra Light J アプリケーションが正常に実行されるためには、配布ファイルとともに Ultra Light J API も配備する必要があります。次の表に、Ultra Light J の各種開発に必要なファイルを示します。ファイルのパスはすべて SQL Anywhere のインストールディレクトリ内の UltraLite\UltraLiteJ ディレクトリからの相対パスです。

配備のタイプ 必要なファイル

Android スマートフォン

Android\UltraLiteJNI12.jar

Android\ARM\libultralitej12.so

BlackBerry スマートフォン

BlackBerry4.2\UltraLiteJ12.cod

BlackBerry4.2\UltraLiteJ12.jad1

Java ME

Java ME11\UltraLiteJ12.jar

Java SE

Java SE\UltraLiteJ12.jar

1 無線配信 (OTA:over-the-air) での配備にのみ必要です。また、アプリケーションとともに Ultra Light J を配備する独自の .jad ファイルを作成することもできます。

 参照