Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light M-Business Anywhere プログラミング (旧式) » M-Business Anywhere の Ultra Light 開発 » Mobile Link データ同期

 

データの同期

同期には、Mobile Link サーバーと適切なライセンスが必要です。CustDB サンプルアプリケーションには、同期の実例もあります。

Ultra Light for M-Business Anywhere は、TCP/IP、HTTP、HTTPS 同期をサポートしています。同期は、Ultra Light アプリケーションによって開始されます。常に、Connection オブジェクトのメソッドとプロパティを使用して同期を制御します。

注意

別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

ECC 暗号化と FIPS 認定の暗号化には、別途ライセンスが必要です。強力な暗号化テクノロジはすべて、輸出規制対象品目です。

別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

 ♦ TCP/IP または HTTP での同期
  1. 同期情報を準備します。

    Connection.syncParms オブジェクトの必須プロパティに値を割り当てます。

    設定するプロパティと値の詳細については、Ultra Light クライアントを参照してください。

  2. 同期を実行します。

    Connection.synchronize メソッドを呼び出します。