Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light M-Business Anywhere プログラミング (旧式) » チュートリアル:M-Business Anywhere の作成

 

レッスン 7:アプリケーションへの同期の追加

次の手順は、同期を実装します。

 ♦ アプリケーションへの同期関数の追加
  1. Synchronize 関数を tutorial.js に追加します。



    function Synchronize()
    {
        var sync_parms; 
        
        sync_parms = Connection.syncParms;     
        sync_parms.setUserName( "tutorial" );    
        sync_parms.setPassword( "tutorial" );    
        sync_parms.setVersion( "tutorial" );    
        sync_parms.setStream( sync_parms.STREAM_TYPE_TCPIP );
        try {
     Connection.synchronize();
        } catch( ex ) {
         alert( "Error: cannot synchronize: " + ex.Message() );
        }
    }

    同期パラメーターは、SyncParms オブジェクトに格納されます。たとえば SyncParms.userName プロパティは、Mobile Link が検索するユーザー名を指定します。SyncParms.sendColumnNames プロパティは、カラム名が Mobile Link に送信されることを指定し、アップロードスクリプトとダウンロードスクリプトを生成できるようにします。

    この関数は、TCP/IP 同期ストリームと、デフォルトのネットワーク通信オプション (ストリームパラメーター) を使用します。これらのデフォルトのオプションは、Mobile Link サーバーを実行しているコンピューターに ActiveSync を使用して接続した Windows Mobile クライアントから、または Mobile Link と同じコンピューターで動作している 32 ビット Windows デスクトップクライアントから同期を実行していることを想定しています。これ以外の場合は、同期ストリームタイプを変更し、ネットワーク通信オプションを適切な値に設定してください。

    参照

  2. 次の関数を main.htm に追加します。

    function ClickSync()
    {
        Synchronize();
        DisplayRow();
    }
  3. tutorial_mlsrv.bat ファイルを使用することで、Mobile Link サーバーを起動します。

Customer テーブル内のデータがダウンロードされます。リモートデータベースの Customer テーブル内のローの間を移動できるようになりました。

これでチュートリアルが完了しました。main.htmtutorial.js の完全なコードサンプルについては、main.htm と tutorial.js のリストを参照してください。