Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Ultra Light M-Business Anywhere プログラミング (旧式) » チュートリアル:M-Business Anywhere の作成


レッスン 4:アプリケーションへの起動コードの追加

このレッスンでは、Ultra Light データベースに接続するための起動コードをアプリケーションに追加します。

 ♦ アプリケーションへのコンテンツの追加
  1. 次の内容を main.htm の、<a> タグの直前に追加します。

    <form name="form">
    <br><td> ID: </td>
        <td> <input type="text" name="ID" size="10"> </td>
    <br><td> Given Name: </td>
        <td> <input type="text" name="GivenName" size="15"> 
    <br><td> Surname: </td>
        <td> <input type="text" name="Surname" size="50"> </td>
    <br><td> Street: </td>
        <td> <input type="text" name="Street" size="20"> </td>
    <br><td> City: </td>
        <td> <input type="text" name="City" size="20"> </td>
    <br><td> Phone: </td>
        <td> <input type="text" name="Phone" size="12"> </td>
        <td> <input type="button" value="Insert" 
             onclick="ClickInsert();"> </td>
        <td> <input type="button" value="Next" 
             onclick="ClickNext();"> </td>
        <td> <input type="button" value="Prev" 
             onclick="ClickPrev();"> </td>
        <td colspan=3>
        <input type="button" value="Synchronize" 
  2. アプリケーション論理を提供する JavaScript ファイル c:\tutorial\tutorial.js を作成します。

  3. Ultra Light Pod オブジェクト用の次の変数宣言を tutorial.js に追加します。

    var DB_mgr;
    var Connection;
    var CustomerTable;
  4. チュートリアルデータベースに接続するための次の関数を tutorial.js に追加します。

    function Connect()
        var     dir;
        var     open_parms;
        var     browser = navigator.platform;
        DB_mgr = CreateObject( "iAnywhere.UltraLite.DatabaseManager.Tutorial" );
        if( DB_mgr == null ) {
         alert( "Error: cannot create database manager." );
        dir =;
        open_parms = "con=tutorial;" + "file_name=" + dir + "\\tutorial.udb";
        try {
     Connection = DB_mgr.reOpenConnection( "tutorial" );    
         if( Connection == null ) {
         Connection = DB_mgr.openConnection( open_parms );
        } catch( ex ) {
         if( DB_mgr.sqlCode != 
             alert( "Error: cannot connect to database: " + ex.Message() );
  5. onload イベントハンドラーを使用して、アプリケーションの起動時にデータベースに接続します。main.htm を次のように変更します。

    1. 次の行を <body> タグの直前に追加することで、tutorial.js をロードします。

      <script src="tutorial.js"></script>
    2. <body> タグを次のように変更します。

      <body onload="Connect();">
  6. アプリケーションをテストします。

    Ultra Light チュートリアルチャネルを同期します。同期アプリケーションがチュートリアルデータベースに接続します。