Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース » データベースのバックアップとメンテナンスプラン

 

メンテナンスプランの作成によるバックアップのスケジュール

メンテナンスプランを使用して、テナントデータベースに対して自動的に繰り返されるバックアップをスケジュールします。既存のメンテナンスプランを、クラウドで実行中のデータベースまたはデータベースのグループに適用します。

前提条件

BackupDatabase 権限と RunScheduleTask 権限が必要です。

内容と備考

デフォルトでは、テナントデータベースは、週に 1 回バックアップされ、その有効期限は、バックアップを作成した日から 1 週間後に設定されます。有効期限後も保持されるバックアップの数は 3 つです。

メンテナンスプランを実行するごとに、バックアップを実行するメンテナンスプランで指定された数のデータベースの最新のバックアップを除いて、すべてのバックアップが削除されます。

メンテナンスプランを作成して、それをデフォルトにした場合は、その後にクラウドに追加したデータベースにのみ、そのメンテナンスプランが適用されます。クラウドで現在実行中のデータベースに新しいデフォルトプランを適用する場合は、そのプランを明示的にデータベースに適用する必要があります。

別のメンテナンスプランをデータベースに適用すると、デフォルトプランが無視されます。

 タスク
  1. クラウドコンソールで [メンテナンスプラン] パネルに移動します。

  2. [作成] をクリックして、表示される指示に従います。

  3. メンテナンスプランを適用します。

    1. メンテナンスプランを選択します。

    2. [プランの適用] をクリックして、表示される指示に従います。

結果

メンテナンスプランが作成され、指定したデータベースまたはデータベースのグループに適用されます。

次の手順

スケジュールされたバックアップが失敗したときに電子メールによる通知を受け取るには、サブスクリプション設定を変更します。

 参照

デフォルトメンテナンスプランの設定
メンテナンスプランの履歴の表示