Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » クラウドの管理

 

クラウドの高可用性の有効化 (クラウドコンソール)

クラウドパートナサーバとクラウド監視サーバを作成して高可用性を有効にし、クラウドが常に使用可能であるようにします。

前提条件

AlterCloud 権限が必要です。

クラウドの 3 台の別のホストで実行されている 3 つの別のサーバが必要です。クラウドパートナは、同じホストで 2 つ実行することはできません。また、クラウド監視サーバと同じホストで実行することもできません。

両方のクラウドパートナがクラウドパートナ要件に準拠する必要があります。クラウドの高可用性のための要件を参照してください。

内容と備考

クラウドサーバをクラウドパートナまたはクラウド監視サーバに変換すると、変換時にクラウドサーバが使用していた TCP/IP、HTTP、HTTPS の各ポートは固定ポートとなり、クラウドが存在する限り、変わりません。

クラウドサーバをクラウドパートナまたはクラウド監視サーバに変換すると、クラウドが一時的に使用できなくなる場合があります。クラウドサーバの設定中は、クラウドコンソールにアクセスできません。

クラウドで定義できるのは、2 つのクラウドパートナのみです。

 タスク
  1. クラウドコンソールの [概要] パネルで [高可用性の設定] をクリックします。

  2. 次のように、クラウドの高可用性を設定します。

    1. [パートナサーバ] フィールドで、クラウドパートナにするサーバを選択します。

    2. [監視サーバ] フィールドで、クラウド監視サーバにするサーバを選択します。

    3. [完了] をクリックします。

結果

これで、クラウドで高可用性が有効になります。

 参照