Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース » 自動起動および自動停止データベース

 

自動起動および自動停止するためのデータベースの設定

接続の試行中に自動的に起動し、最後の接続が切断した後に自動的に停止するように、データベースを設定します。

前提条件

このデータベースを、ミラーリングシステムや読み込み専用スケールアウトシステムに含むことはできません。

データベースを設定するには、AlterDatabase 権限が必要です。

 タスク
  • 次のオプションのうちの 1 つを選択します。

    オプション 操作
    クラウドコンソールを使用してデータベースをクラウドに追加したときに、自動起動および自動停止するように設定する テナントデータベースの追加 (クラウドコンソール)を参照してください。
    dbcloudadd ユーティリティを使用してデータベースをクラウドに追加したときに、自動起動および自動停止するように設定する -autostart および -autostop_wait_time オプションを指定します。テナントデータベースの追加 (dbcloudadd)を参照してください。
    クラウドコンソールウィザードを使用して、自動起動するように既存のテナントデータベースを設定する
    1. クラウドコンソールで、テナントデータベースの [概要] パネルに移動します。

    2. [データベースプロパティ] で、[変更] をクリックして、[自動起動が有効] データベースプロパティを変更します。

    3. ウィンドウの指示に従います。

    AlterDatabase タスクを実行して、自動起動するように既存のテナントデータベースを設定する autostart および autostop_wait_time パラメータで AlterDatabase タスクを実行します。

結果

データベースが自動起動および自動停止するように設定されます。

 参照