Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース

 

データベースの抽出 (dbcloudextract)

データベースを抽出すると、すべてのクラウド参照が削除されたデータベースのコピーが、クラウド外の指定したディレクトリに作成されます。サイズが 100 MB を超えるか、DB 領域があるか、またはその両方のデータベースを抽出する場合は、SQL Anywhere OnDemand Edition テナントデータベース抽出ユーティリティ (dbcloudextract) を使用することをおすすめします。サイズが 100 MB 未満で、DB 領域がないデータベースの場合は、クラウドコンソールを使用します。

前提条件

データベースがクラウドで実行中である必要があります。

ExtractDatabase 権限が必要です。

DBA 権限を持つデータベースユーザのユーザ ID とパスワードが必要です。

内容と備考

また、バックアップユーティリティ (dbbackup) を使用してデータベースのコピーを作成することもできます。ただし、データベースのバックアップコピーには、クラウド参照が含まれます。

 タスク
  1. コマンドプロンプトで、クラウドインストールディレクトリの Bin32 または Bin64 に移動します。次に例を示します。

    sa-win32-x86-12.0.1.3609-1.0.0.3609\Bin32
  2. SQL Anywhere OnDemand Edition テナントデータベース抽出ユーティリティ (dbcloudextract) を実行します。

    dbcloudextract -cc "HOST=cloud-host-name;UID=cloud-user-name;PWD=cloud-password" 
    -c "UID=database-user-name;PWD=database-password;DBN=database-name" -drop C:\MyDirectory

結果

デフォルトでは、データベースがクラウドで実行し続け、そのコピーが、指定したディレクトリに抽出されます。

 参照

SQL Anywhere OnDemand Edition テナントデータベース抽出ユーティリティ (dbcloudextract)