Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース » テナントデータベースのミラーリングシステムと読み込み専用スケールアウトシステム

 

テナントミラーリングと読み込み専用スケールアウトの要件と注意事項

次に、テナントミラーリング、読み込み専用スケールアウトシステム、またはその両方を設定するための要件のリストを示します。

  • テナントミラーリングシステムのホストの考慮事項  

    • プライマリデータベース、ミラーデータベース、監視サーバを異なる 3 台のホストに配置します。ハードウェアまたはソフトウェアの障害によりプライマリが使用できなくなった場合は、ミラーが監視サーバとネゴシエートして、プライマリのロールを引き受けます。

      特に大容量の活動を行うクラウドでは、パフォーマンスを高めるためにクラウドパートナでデータベースを実行できますが、テナントデータベースはそれぞれ、別のホストで実行するようにしてください。

  • テナントミラーリングシステムと読み込み専用スケールアウトシステムのクラウドサーバの考慮事項  

    • クラウドサーバが一度に実行できるのは、特定のテナントデータベースのデータベースコピー 1 つだけです。

    • クラウドサーバには、クラウド高可用性システムまたはテナントミラーリングシステムでロールを割り当てることができます。さまざまなテナントミラーリングシステムで、1 つのクラウドサーバに複数のロールを割り当てることができます。たとえば、1 つのクラウドサーバが、あるテナントの監視サーバとして、別のテナントのミラーとして、さらに別のテナントのプライマリとして機能できます。

  • ミラーリングシステムのアプリケーション設計の考慮事項  

    • アプリケーションデザイナは、ミラーされたテナントデータベースに対してロールの切り替えが起きた場合に、テナントアプリケーションがデータベースに再接続する必要があることを考慮してください。

  • 自動起動データベースの制限  

    • 自動起動データベースを、ミラーリングシステムや読み込み専用スケールアウトシステムに含むことはできません。

  • クラウドサーババージョンの制限  

    • テナントデータベースをミラーリングシステムや読み込み専用スケールアウトシステムに追加する場合、そのデータベースコピーはすべて、メジャーおよびマイナーバージョンが同じクラウドサーバで実行する必要があります。ミラーリングシステムでは、監視サーバのメジャーおよびマイナーバージョンも、プライマリ、ミラー、およびすべてのスケールアウトデータベースコピーと同じである必要があります。

  • テナントミラーリングシステムの読み込み専用スケールアウト   読み書き専用データベースを確実に使用可能にするために、テナント読み込み専用スケールアウトシステムをミラーリングと併用します。ミラーリングシステムで、プライマリデータベースとおよびミラーデータベースはいつでもロールを切り替えられます。この結果、読み込み専用スケールアウトをミラーリングと併用すると、読み込み専用スケールアウトシステムの読み書き専用データベースが、テナントミラーリングシステムのプライマリデータベースとミラーデータベースの両方から構成されます。

 参照