Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース

 

テナントデータベースのアップグレード

実行されているクラウドサーバと同じメジャーおよびマイナーバージョンにテナントデータベースをアップグレードします。

前提条件

管理者権限が必要です。

データベースをバージョン 16 のデータベースにアップグレードする場合は、システムプロシージャを所有者 (定義者) の権限で実行するか、呼び出し者の権限で実行するかを指定します。デフォルトでは、アップグレードされるデータベースの呼び出し者/定義者の動作を保持します。

内容と備考

ミラーリングシステムまたは読み込み専用スケールアウトシステムに含まれるデータベースをアップグレードするときに、ミラーを含むすべてのデータベースコピーが削除され、再作成されます。

アップグレード中、データベースへの接続が無効になります。

 タスク
  1. クラウドコンソールで、テナントデータベースの [概要] パネルに移動します。

  2. [このデータベースのアップグレード] をクリックし、指示に従います。

結果

データベースはアップグレードされ、データベースはアップグレード前の実行ステータスに戻されます。つまり、アップグレード前にデータベースが実行していた場合、アップグレード後に開始されます。

 参照