Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0

 

サポートパッケージのアップグレード

クラウドソフトウェアは、クラウドインフラストラクチャのソフトウェアとクラウドサーバソフトウェアの 2 つのコンポーネントから構成されます。

クラウドソフトウェアのバージョン番号は、これらの 2 つのコンポーネントのバージョン番号を組み合わせたものです。

  • クラウドバージョン番号   この番号はクラウドインフラストラクチャのソフトウェアのバージョンです。

  • SQL Anywhere バージョン番号   この番号はクラウドサーバソフトウェアのバージョンです。

次の表で、クラウドに適用できるアップグレードについて説明します。

アップグレードする対象 説明 アップグレード方法
クラウド

クラウドのアップグレードには、次が含まれます。

  • クラウドインフラストラクチャのアップグレード。クラウドコンソールと、ユーザ、権限、タスク、ルール、メンテナンスプラン、イベント、タグなどのクラウドのロジックが含まれます。

  • すべてのホストのアップグレード。

  • 各ホストへのクラウドサーバソフトウェアのインストール。クラウドサーバは変更されません。

クラウドの規模によっては、アップグレードに長時間かかることがあります。必要な場合にのみ、クラウドインフラストラクチャをアップグレードしてください。

アップグレード中、短時間ではありますがクラウドが使用できなくなり、クラウドタスクも実行できません。ただしテナントデータベースは継続して稼動し、使用可能です。

クラウドインフラストラクチャは、クラウドソフトウェアのより新しいバージョンのみにアップグレードできます。

クラウドのアップグレード
ホスト

クラウドをクラウドインフラストラクチャアップグレードでアップグレードし、すべてのホストを一度にアップグレードします。

必要に応じて、クラウドインフラストラクチャアップグレードとは別に、ホストにクラウドソフトウェアをインストールできます。たとえば、ホストにバージョン 12 のクラウドサーバが必要です。

ホストでのソフトウェアのインストールには、ホストのアップグレードとクラウドサーバソフトウェアのインストールが含まれます。クラウドサーバは変更されません。

ホストへのソフトウェアのインストール
クラウドサーバ

クラウドサーバのアップグレードでは、クラウドサーバのソフトウェアを新しいバージョンに変更します。

ホスト上のクラウドサーバソフトウェアは、クラウドインフラストラクチャがアップグレードされたときと、クラウドソフトウェアがホストにインストールされたときにインストールされます (アップグレードはされない)。

クラウドサーバのソフトウェアバージョンの変更

データベース

クラウド内のテナントデータベースのアップグレードは、クラウド外に存在する SQL Anywhere データベースのアップグレードとほぼ同じです。テナントデータベースは、クラウドサーバと同じメジャーおよびマイナーソフトウェアバージョンにアップグレードされます。

テナントデータベースのアップグレード


クラウドソフトウェアサポートパッケージのダウンロードと再ダウンロード
クラウドのアップグレード
ホストへのソフトウェアのインストール
クラウドサーバのソフトウェアバージョンの変更
クラウドソフトウェアの削除
クラウドソフトウェアのアンインストール
サポートパッケージ 3 の新機能