Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » 検索クエリ » クラウドオブジェクトの属性

 

Cloud 属性

Cloud 属性は、クラウドの設定および特性の説明です。

属性の名前 説明
object_id

クラウド内のオブジェクトを識別するユニークな ID。

object_type

オブジェクトのタイプ。

次の値がサポートされます。

  • Object   すべてのクラウドオブジェクト

  • AgentAction   エージェントアクション

  • Backup   バックアップ

  • Cloud   クラウド

  • Database   データベース

  • DatabaseCopy   データベースのコピー

  • DataType   内部でのみ使用。

  • Event   イベント

  • EventType   イベントタイプ

  • Filter   フィルタ

  • Host   ホスト

  • MaintenancePlan   メンテナンスプラン

  • Rule   ルール

  • Schedule   スケジュール

  • Server   クラウドサーバ

  • StagingDirectory   ステージングディレクトリ

  • Tag   タグ

  • Task   タスク

  • TaskDefinition   タスク定義

  • User   クラウドユーザ

  • InstallImage   内部でのみ使用。

  • BackupCopy   バックアップのコピー。

  • MaintPlanExecution   メンテナンスプランの実行。

  • MaintPlanExecutionDetail   メンテナンスプランからのデータベースのバックアップ。

object_uri

このオブジェクトへの相対 URI。

unique_id

すべてのオブジェクト間でオブジェクトをユニークに識別する GUID。

object_status

オブジェクトのステータス。

次の値がサポートされます。

  • VALID   オブジェクトは削除されていません。

  • DISABLED   オブジェクトは作成中または削除中です。

  • DELETED   オブジェクトは削除されました。このオブジェクトに関する情報は、一定期間、履歴目的で保持されます。

object_name

オブジェクトの名前。

creation_time

オブジェクトが作成された時刻 (およびタイムゾーン)。

last_log_modified_time

オブジェクトが最後に修正された時刻 (およびタイムゾーン)。

resource_uri

このタイプのオブジェクトが含まれているフィードへの相対 URI。

modifying_task

このオブジェクトを現在修正しているタスクの ID、または NULL。

title

オブジェクトのタイトル。名前が付いているオブジェクトタイプの場合、これは object_name 属性と同じになります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合、title 属性には (1 行に) 簡略化された判読可能な文字列が設定されます。

summary

オブジェクトの説明。ユーザ編集の説明がサポートされるオブジェクトタイプの場合は、ユーザが編集した説明になります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合は、長い説明文字列 (1 行以上の段落) になります。

running_status

オブジェクトの現在のステータス。

次の値がサポートされます。

  • stopped   実行されていません。

  • starting   起動処理中です。

  • running   実行中で、要求に応答しています。

  • stopping   停止処理中です。

  • disconnected   アクセス不能ですが、実行中の可能性があります。

  • dropping   削除処理中です。

  • dropped   削除されました。

  • waiting_for_uid_pwd   正しいユーザ ID とパスワードを待機中です。

  • stopped_unconditionally   親オブジェクトが停止された時点で、無条件に停止されました。

  • failed   実行されていません (失敗しました)。

  • unresponsive   実行中ですが、要求に応答していません。

run_mode

オブジェクトの予期されたステータス。

次の値がサポートされます。

  • stop   オブジェクトを実行すべきではありません。

  • run   オブジェクトを実行して、要求を受け入れる必要があります。

  • maintenance   オブジェクトはメンテナンス処理中です。

start_time

オブジェクトの running_status が "running" に設定される時刻。

max_active_event_severity

このオブジェクト上でのすべてのアクティブイベントの最大の重要度レベル。

次の値がサポートされます。

  • Critical   クラウドの正常な動作に影響を及ぼす可能性があるエラーイベント。

  • Error   タスクまたは単一オブジェクトに関連するエラーイベント。

  • Warning   将来的にエラーの原因になる可能性がある、異常または特異な状態のイベント (たとえば、ホストのディスク空き容量が減少すると警告イベントが記録されます)。

  • Info   正常なイベントで、情報目的のみで記録されます。

  • Debug   内部でのみ使用。

retention_period_num

履歴データを保持する期間。

retention_period_unit

retention_period_num に適用される単位: S - 秒単位、M - 分単位、H - 時間単位、D - 日単位、W - 週単位。

次の値がサポートされます。

  • L   ミリ秒

  • S  

  • M  

  • H  

  • D  

  • W  

last_permission_to_run

使用状況サーバにより、このクラウドに実行パーミッションがあることが示された最新時刻。

utility_enabled

クラウドのユーティリティ課金が有効である場合は、1 に設定されます。

licensed_by_cores

永続コア数またはユーティリティコア数に応じてクラウドがライセンスされる場合は 1 に、クラウドが別の方法でライセンスされる場合は 0 に設定します。

usage_server_enabled

使用状況サーバへの使用情報のアップロードが有効な場合は 1、それ以外の場合は 0 に設定します。

utility_cores_authorized

クラウドに許可されている可変コア数。

perpetual_cores_assigned

このクラウドに割り当てられている永続的なコアライセンス数。

total_core_hours_used

このクラウドのライフタイム全体における累積コア時間の合計。

license_state

クラウドがライセンスの条件を満たしているかどうかを示す値。

次の値がサポートされます。

  • inactive   クラウドは使用状況サーバアカウントによって所有されていません。

  • reduced_inactive   クラウドは使用状況サーバアカウントによって所有されていません。かつ、評価期間を超えて実行されています。

  • active   クラウドは優良な状態の使用状況サーバアカウントによって所有されています。

  • too_many_cores   クラウドは、許可された数量を超えるコアを使用しています。

  • reduced_too_many_cores   クラウドは許可された数量を超えるコアを使用しているため、機能縮小モードに変更されました。

  • account_problem   このクラウドを所有している使用状況サーバアカウントは、優良な状態ではありません。SAP に連絡してください。

  • reduced_account_problem   このクラウドを所有している使用状況サーバアカウントは、優良な状態ではありません。クラウドは機能縮小モードで稼働しています。SAP に連絡してください。

  • no_usage_upload   クラウドは SAP 使用状況サーバに最近接続できません。

  • reduced_no_usage_upload   クラウドは SAP 使用状況サーバに最近接続できず、機能縮小モードになっています。

smtp_from_address

送信側の電子メールアドレス。

smtp_server

SMTP サーバのホスト名または IP アドレス。

smtp_port

SMTP サーバのポート番号。

smtp_certificate

TLS 接続を使用できる場合は、SMTP サーバ検証証明書。

smtp_username

SMTP サーバのユーザ名。

tcp_ports

TCP/IP ポート番号またはカンマで区切ったポート範囲のセット。

http_ports

HTTP ポート番号またはカンマで区切ったポート範囲のセット。

https_ports

HTTPS ポート番号またはカンマで区切ったポート範囲のセット。

language

クラウドの言語コード。

次の値がサポートされます。

  • cloud   クラウドのデフォルト言語

  • de   ドイツ語

  • en   英語

  • fr   フランス語

  • ja   日本語

  • zh   中国語

time_zone_adjustment

時間文字列をフォーマットする場合に使用されるタイムゾーン。

upgrade_start_time

UpgradeCloudInfrastructure タスクを開始された時刻。アップグレードが進行中ではない場合、このカラムは NULL です。

upgrade_percent_complete

UpgradeCloudInfrastructure タスクが完了したおよその割合 (パーセント)。アップグレードが進行中ではない場合、このカラムは NULL です。

upgrade_stage

UpgradeCloudInfrastructure タスクの現在のステージ。各ステージで 0 ~ 100 の完了パーセントが表示されます。アップグレードが進行中ではない場合、このカラムは NULL です。

upgrade_progress_detail

UpgradeCloudInfrastructure の現在のステップの説明。アップグレードが進行中ではない場合、このカラムは NULL です。

fips_mode

クラウドが FIPS モードであるかどうかを示す値。

unload_patch_build

アンロードソフトウェアのパッチレベル。

usage_proxy

使用状況サーバへの接続に使用するプロキシサーバ。

autostart_timeout

クライアント接続試行中にデータベースの自動起動を試行する最大期間 (秒)。これは、自動起動が有効なデータベースにのみ適用されます。

cloud_history

クラウドの重要なオペレーションの概要。

 参照