Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » タグ

 

クラウドオブジェクトの削除

データベース、クラウドサーバ、タグ、スケジュール、クラウドユーザ、ルール、バックアップ、メンテナンスプランを含む、クラウドのオブジェクトを削除します。

前提条件

次のように、オブジェクトに適切な権限が必要です。

  • タグ   CreateDropTag

  • スケジュール   RunScheduleTask

  • クラウドユーザ   CreateDropUser

    削除されたユーザはクラウドに接続できません。

  • ルール   CreateDropRule

  • バックアップ   BackupDatabase

    データベースのインクリメンタルバックアップを削除する場合は、次にインクリメンタルバックアップを実行する前に、データベースのフルバックアップを必ず実行してください。

  • メンテナンスプラン   BackupDatabase および RunScheduleTask

    デフォルトメンテナンスプランはクラウドから削除できません。

 タスク
  1. クラウドコンソールで、オブジェクトに該当するパネルに移動します。

  2. 削除する該当オブジェクトを選択します。

    オプション 操作
    タグ [削除] をクリックします。
    スケジュールされたタスク [削除] をクリックします。
    クラウドユーザ [削除] をクリックします。
    ルール [削除] をクリックします。
    バックアップ データベースの [バックアップ & リストア] パネルで、該当するバックアップをクリックしてから [その他のアクション] » [削除] をクリックし、表示される指示に従います。
    メンテナンスプラン [削除] をクリックし、指示に従います。

結果

オブジェクトがクラウドから削除されます。

 参照