Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » トラブルシューティングおよび追加リソース » 望ましくない状態にあるクラウドオブジェクトはどのように修復するか?

 

データベース、サーバ、ホスト、バックアップのコピーの修復

クラウドオブジェクトが望ましくない状態にある場合、オブジェクトを診断、修復できます。

前提条件

次の権限が必要です。

  • オブジェクトの診断には、対応する StartStop 権限が必要

  • オブジェクトの修復には、対応する管理者権限が必要

テナントデータベースの修復には、テナントデータベースが存在するクラウドサーバの実行が必要。クラウドサーバの修復には、クラウドサーバが存在するホストの実行が必要。

内容と備考

作成、起動または修復されているクラウドオブジェクトが多数ある場合、クラウドオブジェクトの修復にはかなり時間がかかる場合があります。

多数のテナントデータベースが実行されているクラウドサーバを修復している場合、すべてのデータベースの再開にはかなり時間がかかる場合があります。

親オブジェクトが正しく実行されていない場合、オブジェクトの修復は失敗します。たとえば、実行されていないクラウドサーバ上にデータベースが存在する場合、データベースの修復を試行しても失敗します。

 タスク
  1. オブジェクトを診断します。

    1. [イベント] パネルで [新しいタスクの実行] をクリックします。

    2. 該当のクラウドオブジェクトの診断タスクを実行します。

    3. タスクに必要なパラメータを指定し、[終了] をクリックします。

    オブジェクトのステータスが更新され、オブジェクトの [概要] パネルに診断の結果が示されます。

  2. 必要に応じて、オブジェクトを修復します。

    1. [イベント] パネルで [新しいタスクの実行] をクリックします。

    2. 該当のクラウドオブジェクトの修復タスクを実行します。

    3. タスクに必要なパラメータを指定し、[終了] をクリックします。

結果

クラウドオブジェクトが希望の状態に修復されます。

次の手順

オブジェクトを希望の状態に修復できないにもかかわらず、オブジェクトが良好な状態で実行されている場合、オブジェクトを削除するか、オブジェクトを削除できない場合はそれを無視することができます。オブジェクトがテナントデータベースの場合には、まずバックアップからデータベースのリストアを試します。クラウドオブジェクトを無視すると、そのメタデータは削除され、クラウドにアクセスできなくなります。しかし、オブジェクトのシステムリソースには影響はありません。

 参照