Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » サポートパッケージのアップグレード

 

クラウドソフトウェアサポートパッケージのダウンロードと再ダウンロード

更新されたソフトウェア、別のオペレーティングシステム用のソフトウェア、または別のクラウドサーババージョンのソフトウェアを入手するには、クラウドソフトウェアをダウンロードまたは再ダウンロードします。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

デフォルトでは、クラウドソフトウェアがダウンロードされると、現在プライマリとして機能しているクラウドパートナに格納されます。クラウド内の負荷を分散するため、クラウド内の異なるホストにソフトウェアの複数のコピーを作成します。複数のホストにソフトウェアをダウンロードすることにより、複数のホストでクラウド内の全ホストにソフトウェアをインストールできるため、クラウド全体にインフラストラクチャのアップグレードを適用する時間を削減できます。

クラウドソフトウェアが再ダウンロードされると、クラウド内のソフトウェアバージョンのすべてのコピーが置き換えられます。元のファイルがホストから削除されてしまった場合に、クラウドソフトウェアの再ダウンロードが便利です。

 タスク
  • [クラウドソフトウェア] パネルで、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション 操作
    ソフトウェアの新しいバージョンのダウンロード
    1. [ダウンロード] をクリックします。

    2. リストからクラウドサーバソフトウェアのバージョンを選択します。

    3. [リリースノート] をクリックし、サポートパッケージに必要なフィックスが含まれていることを確認します。

    4. [次へ] をクリックします。

    5. ソフトウェアをダウンロードするホストを指定するように表示されたら、[クラウドのプライマリホストと指定ホスト] または [クラウドのプライマリホストとターゲットホスト] を選択します。

    6. [完了] をクリックします。

    再ダウンロード
    1. [ダウンロードしたクラウドソフトウェア] 表から、クラウドソフトウェアの以前にダウンロードしたバージョンを選択します。

    2. [その他のアクション] » [再ダウンロード] をクリックして、表示される指示に従います。

結果

クラウドソフトウェアがダウンロードされ、指定したホストにコピーされます。

次の手順

これで、このクラウドソフトウェアを使用するクラウドにホストを追加したり、またはクラウド内のホストにソフトウェアをインストールしたりできます。

 参照