Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » 検索クエリ » クラウドオブジェクトの属性

 

Event 属性

Event 属性は、クラウドで発生した履歴イベントの説明です。

属性の名前 説明
object_id

クラウド内のオブジェクトを識別するユニークな ID。

object_type

オブジェクトのタイプ。

次の値がサポートされます。

  • Object   すべてのクラウドオブジェクト

  • AgentAction   エージェントアクション

  • Backup   バックアップ

  • Cloud   クラウド

  • Database   データベース

  • DatabaseCopy   データベースのコピー

  • DataType   内部でのみ使用。

  • Event   イベント

  • EventType   イベントタイプ

  • Filter   フィルタ

  • Host   ホスト

  • MaintenancePlan   メンテナンスプラン

  • Rule   ルール

  • Schedule   スケジュール

  • Server   クラウドサーバ

  • StagingDirectory   ステージングディレクトリ

  • Tag   タグ

  • Task   タスク

  • TaskDefinition   タスク定義

  • User   クラウドユーザ

  • InstallImage   内部でのみ使用。

  • BackupCopy   バックアップのコピー。

  • MaintPlanExecution   メンテナンスプランの実行。

  • MaintPlanExecutionDetail   メンテナンスプランからのデータベースのバックアップ。

object_uri

このオブジェクトへの相対 URI。

unique_id

すべてのオブジェクト間でオブジェクトをユニークに識別する GUID。

object_status

オブジェクトのステータス。

次の値がサポートされます。

  • VALID   オブジェクトは削除されていません。

  • DISABLED   オブジェクトは作成中または削除中です。

  • DELETED   オブジェクトは削除されました。このオブジェクトに関する情報は、一定期間、履歴目的で保持されます。

object_name

オブジェクトの名前。

creation_time

オブジェクトが作成された時刻 (およびタイムゾーン)。

last_log_modified_time

オブジェクトが最後に修正された時刻 (およびタイムゾーン)。

resource_uri

このタイプのオブジェクトが含まれているフィードへの相対 URI。

modifying_task

このオブジェクトを現在修正しているタスクの ID、または NULL。

title

オブジェクトのタイトル。名前が付いているオブジェクトタイプの場合、これは object_name 属性と同じになります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合、title 属性には (1 行に) 簡略化された判読可能な文字列が設定されます。

summary

オブジェクトの説明。ユーザ編集の説明がサポートされるオブジェクトタイプの場合は、ユーザが編集した説明になります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合は、長い説明文字列 (1 行以上の段落) になります。

event_dismissed

ビット値 (1 は、ユーザがイベントを解除したことを意味します)。

is_active

ビット値 (1 は、イベント条件がまだ有効であることを意味します)。

is_active_subtree

ビット値 (1 は、イベント条件がこのイベントまたはその後継イベントに対してまだ有効であることを意味します)。

is_root

ビット値 (1 は、このイベントが含まれるより上位レベルのイベントが存在しないことを意味します)。

event_parameters

イベントを説明する XML パラメータ。

event_type

イベントタイプ。

event_type_name

イベントタイプの名前。

parent_event_id

親イベント、またはイベントそのものがルートの場合は NULL。

event_severity

イベントの重要度。

次の値がサポートされます。

  • Critical   クラウドの正常な動作に影響を及ぼす可能性があるエラーイベント。

  • Error   タスクまたは単一オブジェクトに関連するエラーイベント。

  • Warning   将来的にエラーの原因になる可能性がある、異常または特異な状態のイベント (たとえば、ホストのディスク空き容量が減少すると警告イベントが記録されます)。

  • Info   正常なイベントで、情報目的のみで記録されます。

  • Debug   内部でのみ使用。

num_subevents

サブイベント数。

num_comments

このイベントのコメント数。

num_active_subevents

アクティブなサブイベント数。

event_group_severity

イベントおよびそのサブイベントの最大の重要度。

次の値がサポートされます。

  • Critical   クラウドの正常な動作に影響を及ぼす可能性があるエラーイベント。

  • Error   タスクまたは単一オブジェクトに関連するエラーイベント。

  • Warning   将来的にエラーの原因になる可能性がある、異常または特異な状態のイベント (たとえば、ホストのディスク空き容量が減少すると警告イベントが記録されます)。

  • Info   正常なイベントで、情報目的のみで記録されます。

  • Debug   内部でのみ使用。

ignore_severity

ビット値 (1 は、このイベントの重要度がイベントグループの重要度の計算から除外されたことを意味します)。

internal

0 または 1 の値。1 は、このイベントがクラウドインフラストラクチャによる内部操作の結果であることを意味します。

 参照