Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » 検索クエリ » クラウドオブジェクトの属性

 

Object 属性

Object 属性は、クラウドのオブジェクトタイプ (ホスト、クラウドサーバ、データベースなど) に共通する項目の説明です。

属性の名前 説明
object_id

クラウド内のオブジェクトを識別するユニークな ID。

object_type

オブジェクトのタイプ。

次の値がサポートされます。

  • Object   すべてのクラウドオブジェクト

  • AgentAction   エージェントアクション

  • Backup   バックアップ

  • Cloud   クラウド

  • Database   データベース

  • DatabaseCopy   データベースのコピー

  • DataType   内部でのみ使用。

  • Event   イベント

  • EventType   イベントタイプ

  • Filter   フィルタ

  • Host   ホスト

  • MaintenancePlan   メンテナンスプラン

  • Rule   ルール

  • Schedule   スケジュール

  • Server   クラウドサーバ

  • StagingDirectory   ステージングディレクトリ

  • Tag   タグ

  • Task   タスク

  • TaskDefinition   タスク定義

  • User   クラウドユーザ

  • InstallImage   内部でのみ使用。

  • BackupCopy   バックアップのコピー。

  • MaintPlanExecution   メンテナンスプランの実行。

  • MaintPlanExecutionDetail   メンテナンスプランからのデータベースのバックアップ。

object_uri

このオブジェクトへの相対 URI。

unique_id

すべてのオブジェクト間でオブジェクトをユニークに識別する GUID。

object_status

オブジェクトのステータス。

次の値がサポートされます。

  • VALID   オブジェクトは削除されていません。

  • DISABLED   オブジェクトは作成中または削除中です。

  • DELETED   オブジェクトは削除されました。このオブジェクトに関する情報は、一定期間、履歴目的で保持されます。

object_name

オブジェクトの名前。

creation_time

オブジェクトが作成された時刻 (およびタイムゾーン)。

last_log_modified_time

オブジェクトが最後に修正された時刻 (およびタイムゾーン)。

resource_uri

このタイプのオブジェクトが含まれているフィードへの相対 URI。

modifying_task

このオブジェクトを現在修正しているタスクの ID、または NULL。

title

オブジェクトのタイトル。名前が付いているオブジェクトタイプの場合、これは object_name 属性と同じになります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合、title 属性には (1 行に) 簡略化された判読可能な文字列が設定されます。

summary

オブジェクトの説明。ユーザ編集の説明がサポートされるオブジェクトタイプの場合は、ユーザが編集した説明になります。イベント、バックアップ、タスクなどの他のタイプの場合は、長い説明文字列 (1 行以上の段落) になります。

 参照