Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0

 

クラウドのアーキテクチャと用語

「クラウドコンピューティング」という用語は、分散ネットワーク (通常はインターネット) を介してコンピューティングサービスを提供することを意味します。クラウドは、ホスト、データベースサーバ、データベースなどの共有リソースのプールです。クラウドでは、エンドユーザがデータの物理的な位置を知ることなくデータを保存したり、アクセスできます。また、ユーザはローカルコンピュータにソフトウェアをインストールして実行する必要がありません。

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 とは、独立系ソフトウェアベンダ (ISV) がビジネスアプリケーションをクラウドに移行し、ソフトウェアを Software as a Service (SaaS) として提供できるようにしたものです。ISV は、大規模なクラウドアプリケーションを構築、配備および管理できるようになります。SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 を使用すると、マルチテナントコンピューティングの管理が容易になり、データの完全な分離によるセキュリティを ISV 顧客に保証できるようになります。

3 層のクラウドを示す図。最上位の層にあるのは、ISV を表す 1 つのオブジェクトです。中間層にあるのは、テナントデータベースを表す 3 つのデータベースです。各データベースは線で最上位の層に接続されています。下位層にあるのは、エンドユーザのグループです。これらは中間層の 3 つのテナントデータベースに線で接続されています。
 クラウドの高可用設定
 クラウド用語
 参照