Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース » 同期およびレプリケーションのサポート » Mobile Link リモートテナントデータベースとの同期

 

クラウドで使用するための dbmlsync のインストール

SYNCHRONIZE 文を実行している各クラウドホストで dbmlsync ユーティリティをインストールします。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

SYNCHRONIZE 文を使用して Mobile Link リモートテナントデータベースを同期する場合は、インストールしたこの dbmlsync を使用します。

クラウドソフトウェアがアップグレードされるたびに、クラウドパートナを実行しているホストに dbmlsync ファイルを再インストールしてください。

 タスク
  • インストールした SQL Anywhere 16.0 から次の dbmlsync ファイルを、SYNCHRONIZE 文を実行しているクラウドの各ホスト (クラウドパートナを実行しているホストを含む) にインストールされたクラウドの適切な Bin32 または Bin64 ディレクトリにコピーします。

    Windows UNIX
    dbmlsync.exe dbmlsync
    mlcecc16.dll libmlcecc16_r.so
    mlcrsa16.dll libmlcrsa16_r.so
    mlcrsafips16.dll libmlcrsafips16_r.so
    mlczlib16.dll libmlczlib16_r.so

結果

dbmlsync ユーティリティがクラウドにインストールされます。

次の手順

これで、Mobile Link リモートテナントデータベースとの同期を設定できます。