Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » テナントデータベース » テナントデータベースのミラーリングシステムと読み込み専用スケールアウトシステム

 

テナントデータベースミラーリングの停止 (dbcloudcmd)

テナントデータベースミラーリングを停止します。このタスクは、テナントデータベースからミラーリング設定を削除します。

前提条件

AlterTenantMirroring、DropDatabase、および StartStopDatabase の各権限が必要です。

内容と備考

テナントデータベースからミラーリング設定を削除する場合は、データベースがミラーリングシステムで実行されないよう、ミラーを停止して削除します。

テナントデータベースにスケールアウトデータベースコピーがある場合は、読み込み専用スケールアウト設定が維持されます。

 タスク
  1. ミラーデータベースで ConvertMirrorToScaleOutDatabaseCopy タスクを実行します。

  2. ミラーが変換されてスケールアウトデータベースコピーに戻ったら、StopDatabaseCopy タスクを実行します。

  3. DropScaleOutDatabaseCopy タスクを実行して、以前のミラーを削除します。

  4. パラメータを NULL に設定して SetArbiter タスクを実行します。

結果

ミラーデータベースが削除され、プライマリデータベースとして実行されている読み書き専用データベースは、ミラーリングシステムの一部ではなくなります。

 参照