Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 サポートパッケージ 3 (日本語) » SAP Sybase SQL Anywhere, on-demand edition 1.0 » トラブルシューティングおよび追加リソース

 

クラウド停止時にデータベースやバックアップのコピーの格納場所を探す方法

クラウド内のクラウドサーバ、データベースコピー、バックアップの場所を示すトポロジファイルが毎晩生成されます。このトポロジファイルには、データベースコピー間の関係やバックアップコピー間の関係も表示されます。

トポロジファイルはクラウド内の各ホストの C:\Users\Public\Public Documents\SQL Anywhere OnDemand 1.0\topology ディレクトリにあります。このファイルをブラウザで開き、クラウドのトポロジを表示します。

ホスト上のデータベースが使用できなくなり、そのデータベースがミラーリングシステムの一部として実行されていた場合には、トポロジファイルがそのデータベースの回復に役立ちます。これは、トポロジファイルにデータベースのバックアップやそのミラーデータベースの場所が示されているためです。データベースのバックアップやミラーは、データベースを回復するために使用できます。

クラウドに大量数のデータベースを追加するなど、クラウドで大きな変更を行った場合には、新しいバージョンのトポロジファイルを作成します。

 参照