Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » SQL Anywhere for Windows Mobile

 

Windows Mobile データベースサーバの設定

SQL Anywhere の完全バージョンで使用できる SQL 機能のほとんどは、Windows Mobile バージョンでも使用できます。たとえば、トランザクション処理、参照整合性アクション、プロシージャ、トリガなどです。ただし、Java 機能とリモートデータアクセス機能は、Windows Mobile では使用できません。

Windows Mobile デバイスで使用するデータベースを作成するときは、サポートされていない機能に注意してください。機能の完全なリストについては、Windows Mobile での SQL Anywhere 機能のサポートを参照してください。

以下の設定は、データベースの作成中に設定します。いったん設定すると、データベースを再構築しなければ変更できません。

  • 大文字と小文字の区別の有無   大文字と小文字の区別を参照してください。

  • 比較における後続ブランクの処理   デフォルトでは、後続ブランクを余分の文字と見なしてデータベースが作成されます。たとえば、'Dirk' は 'Dirk ' と同じではありません。後続ブランクが無視されるように、ブランクを埋め込んだデータベースを作成できます。比較の後続ブランクを無視を参照してください。

  • ページサイズ   ヒント:適切なページサイズの使用を参照してください。

  • 照合順と文字セット   Windows Mobile 用のデータベースを作成するときは、該当言語のために Windows で使用されるシングルバイトまたはマルチバイトの文字セットと同じ文字セットを基にした照合を使用してください。たとえば、英語、フランス語、またはドイツ語を使用する場合は、1252Latin1 照合を使用します。日本語を使用する場合は 932JPN 照合を、韓国語を使用する場合は 949KOR 照合を使用します。照合を参照してください。

    注意

    Windows Mobile で使用するデータベースを作成するときは、適合化オプションの文字列にロケールまたはソートタイプを指定しないでください。指定すると、Windows Mobile デバイスでデータベースが起動しなくなる可能性があります。 照合の適合化オプションの詳細については、照合の適合化オプションを参照してください。

    文字セット変換は Windows Mobile ではサポートされていないため、Windows Mobile 上のデータベースには、オペレーティングシステムの文字セットか UTF-8 のいずれかを使用する必要があります。

    Windows Mobile データベースを作成するときに、ICU ライブラリをインストールするかどうかを選択する必要があります。インストール時の考慮事項:Windows Mobile での ICU の使用を参照してください。


Windows Mobile のトランザクションログ
Windows Mobile の jConnect
Windows Mobile の暗号化
Windows Mobile データベースサーバの作成
Windows Mobile でのデータベースの再構築
Windows Mobile データベースのバックアップ
デバイスのインタフェースを使用した Windows Mobile データベースの削除
Windows エクスプローラーを使用した Windows Mobile データベースの削除