Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » データベースのリカバリ » トランザクションログが複数の場合のデータベースのリカバリ

 

-a サーバオプションを使用した、複数のトランザクションログがあるデータベースのリカバリ

-a サーバオプションを使用して、単一のトランザクションログファイルをデータベースのバックアップコピーに適用した後、データベースサーバを停止します。複数のトランザクションログがある場合は、一度に 1 つずつ、古いものから新しいものの順に、正しい順序で適用します。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

 ♦ タスク
  1. データベースサーバを起動し、backupdemo.log というバックアップトランザクションログを backupdemo.db というデータベースのバックアップコピーに適用します。

    dbeng16 backupdemo.db -a backupdemo.log

    データベースサーバがバックアップトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用した後、停止します。

  2. データベースサーバを起動して、demo.log という現在のトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用します。

    dbeng16 backupdemo.db -a demo.log

結果

データベースサーバが現在のトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用した後、停止します。

  1. データベースサーバを起動し、backupdemo.log というバックアップトランザクションログを backupdemo.db というデータベースのバックアップコピーに適用します。

    dbeng16 backupdemo.db -a backupdemo.log

    データベースサーバがバックアップトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用した後、停止します。

  2. データベースサーバを起動して、demo.log という現在のトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用します。

    dbeng16 backupdemo.db -a demo.log

    データベースサーバが現在のトランザクションログをデータベースのバックアップコピーに適用した後、停止します。


 参照