Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » データベースミラーリング » データベースミラーリングでのアプリケーション開発の考慮事項

 

データベースミラーリングモード

トランザクションをミラーサーバにいつ、どのように記録するのかを制御する実行モードには 3 種類あります。ほとんどすべての場合、最も信頼性が高いため、デフォルトのモードである同期モードを推奨します。

データベースミラーリングには次の 3 種類の実行モードがあります。

各モードは、トランザクションがミラーサーバで記録されるタイミングと方法を制御します。設定には、synchronization_mode オプションの値を設定する SET MIRROR OPTION 文を使用します。

コピーノードへのログページの送信は、選択されたモードに関係なく常に非同期で行われます。

データベースミラーリングシステムに同期モードを選択するとき、フェイルオーバ発生時にプライマリデータベースへの変更のパフォーマンスが重要なのか、トランザクションの損失回避が重要なのかを決定する必要があります。

データベースミラーリングのモードは、MirrorMode データベースプロパティの値を問い合わせることによって確認できます。

SELECT DB_PROPERTY( 'MirrorMode' );
 同期モード (デフォルト)
 非同期モードと非同期フルページモード (非推奨)
 参照

同期ステータスのミラーリング