Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » データベースのリカバリ » メディア障害リカバリ

 

ミラーされていないトランザクションログのメディア障害からリカバリする

ミラーされていないトランザクションログを使用して、メディア障害からデータベースを部分的にリカバリします。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

データベースが Mobile Link や SQL Remote インストール環境の統合データベースである場合、トランザクションログミラーまたは同様の機能を持つハードウェアを使用してください。

警告

dbeng16 コマンドは、データベースが Mobile Link や SQL Remote システムに関連していない場合にだけ使用してください。データベースが SQL Remote レプリケーションシステム内の統合データベースである場合は、リモートデータベースを再抽出する必要があります。

 ♦ タスク
  1. データベースファイルの追加バックアップコピーを作成します。トランザクションログがない場合、最後にバックアップが行われてから最新のチェックポイントまでの間に加えられた変更の記録は、唯一データベースファイルに含まれています。

  2. トランザクションログファイルを削除するか、名前を変更します。

  3. -f オプションを使って、データベースを再起動します。

    dbeng16 "database-name.db" -f

    -f オプションを指定しないと、データベースサーバはトランザクションログがないことを知らせるエラーメッセージを表示します。-f オプションを指定すると、データベースサーバは最新のチェックポイント時の状態にデータベースをリストアし、チェックポイントの時点でコミットされていなかったトランザクションをすべてロールバックします。その後新しいトランザクションログが作成されます。

結果

データベースが部分的にリカバリされます。最新のチェックポイントの時点でコミットされていないトランザクションはすべてロールバックされます。

 参照