Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニタ » 警告

 

警告スレッショルドの指定

警告を発行するタイミングを設定できます。モニタが収集するメトリックや、デフォルトリソースの SQL Anywhere モニタは設定できません。

前提条件

モニタの管理者である必要があります。

バージョン 16 のデータベースの警告スレッショルドを設定するには、SYS_SAMONITOR_ADMIN_ROLE ロールを持つ、データベース内のユーザのユーザ ID とパスワードが必要です。それより前のバージョンのデータベースのスレッショルドを設定するには、DBA 権限を持つ、データベース内のユーザのユーザ ID とパスワードが必要です。

 ♦ タスク
  1. モニタにログインします。

  2. [ツール] » [管理] をクリックします。

  3. [リソース] をクリックし、リストからリソースを選択します。

  4. [設定] をクリックします。

  5. [警告のスレッショルド] をクリックします。スレッショルドを編集します。

  6. その他の設定を必要に応じて指定します。

  7. [保存] をクリックします。

  8. データベースリソースを編集している場合は、権限を要求されます。バージョン 16 のデータベースの場合は、SYS_SAMONITOR_ADMIN_ROLE ロールを持つ、データベース内のユーザのユーザ ID とパスワードを指定します。それより前のバージョンのデータベースの場合は、DBA 権限を持つ、データベース内のユーザのユーザ ID とパスワードを指定します。

  9. [閉じる] をクリックします。

  10. [閉じる] をクリックします。

結果

指定したスレッショルドで警告を送信するよう、モニタが設定されます。

 参照

リソースからの未送信のエラーレポートに関する警告の抑制