Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » SQL Anywhere の読み込み専用スケールアウト » 読み込み専用スケールアウトシステムの管理

 

読み込み専用スケールアウトシステムへのミラーリングシステムの追加

読み込み専用スケールアウトシステムのルートノードを、ミラーリングシステム内のパートナサーバとなるように設定します。それには、監視サーバを作成し、コピーノードをミラーリングシステムの 2 番目のパートナになるように変換します。

前提条件

MANAGE ANY MIRROR SERVER システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. 読み込み専用スケールアウトシステムのルートノードに接続します。たとえば、次のコマンドを実行します。

    dbisql -c "UID=DBA;PWD=sql;SERVER=scaleout_root_demo"
  2. 既存のパートナサーバ定義とミラーサーバ定義を次のように調整します。

    • 新しいミラーサーバのミラーサーバ定義を作成します。

    • 既存のプライマリ (ルート) サーバのミラーサーバ定義を、ルートサーバとミラーサーバの両方のホストとポートを含めるように変更します。

    • 既存のパートナ (ルート) サーバのミラーサーバ定義を、状態ファイルのロケーションを含めるように変更します。状態ファイルは自動的に作成されます。

    たとえば、次の文を実行します。



    -- Define mirror server definition for the mirror server
    CREATE MIRROR SERVER scaleout_mirror_demo AS MIRROR
     connection_string='SERVER=scaleout_mirror_demo;HOST=localhost:6871,localhost:6873';  
    
     -- Alter existing primary to include both partners 
    ALTER MIRROR SERVER scaleout_primary_demo 
    connection_string='SERVER=scaleout_primary_demo;HOST=localhost:6871,localhost:6873';  
    
     -- Alter the existing Partner to include state file 
    ALTER MIRROR SERVER scaleout_root_demo state_file='c:\\scaleoutdemo\\server1\\server1.state';
  3. 既存のコピーノードをミラーサーバに変換します。たとえば、次の文を実行します。

    ALTER MIRROR SERVER scaleout_child_demo AS PARTNER state_file='c:\\scaleoutdemo\\copynode\\server3.state'
  4. ミラーリングシステムの監視サーバになるサーバを起動します。たとえば、次のコマンドを実行します。

    mkdir c:\scaleoutdemo\arbiter
    dbsrv16 -n scaleout_arbiter_demo -su sql -x "TCPIP(PORT=6870)" -xf "c:\\scaleoutdemo\\arbiter\\arbiter.state" -xa "AUTH=abc;DBN=scaleoutdemo"
  5. プライマリ (ルート) サーバから、監視ミラーサーバ定義を追加します。たとえば、次の文を実行します。

    CREATE MIRROR SERVER scaleout_arbiter_demo
    AS ARBITER 
    connection_string ='SERVER=scaleout_arbiter_demo;HOST=localhost:6870'; 

結果

これで、読み込み専用スケールアウトシステムがミラーリングシステムの一部にもなります。

次の手順

パートナサーバの移動を参照してください。

 参照