Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » データベース接続 » Windows 統合ログイン

 

統合化ログインのマッピング (Sybase Central の場合)

Windows 統合化ログインで SQL Anywhere を使用して、オペレーティングシステムとネットワークログインおよび SQL Anywhere データソース接続で、単一のユーザ ID とパスワードを維持することができます。

前提条件

MANAGE ANY USER システム権限と、SELECT ANY TABLE システム権限か SYSLOGINMAP システムビューに対する SELECT 権限のどちらかが必要です。

ログインモードを変更する必要がある場合は、SET ANY SECURITY OPTION システム権限も必要です。

内容と備考

1 つのデータベースユーザ ID に対して 1 つのユーザまたはグループプロファイルをマッピングする必要はありません。1 つ以上のユーザプロファイルを、同一のデータベースユーザ ID にマッピングできます。

ユーザプロファイルは、既存のデータベースユーザ ID に対してのみマッピングできます。データベースからデータベースユーザ ID が削除されると、そのデータベースユーザ ID に基づくすべての統合化ログインマッピングも、自動的に削除されます。

 ♦ タスク
  1. [SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で [ログインマッピング] を右クリックし、[新規] » [ログインマッピング] をクリックします。

  3. [統合化ログインマッピング] を選択して [次へ] をクリックします。

  4. [データベースに接続する Windows ユーザを指定してください。] フィールドに、統合化ログインを作成するユーザまたはグループのプロファイル名を入力します。

  5. [Windows ユーザに関連付けるデータベースユーザを指定してください。] リストで、このユーザのマッピング先となるデータベースユーザ ID を選択します。

  6. ログインマッピング作成ウィザード] の残りの指示に従います。

結果

統合化ログインが作成されます。