Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » データのセキュリティ » データベースの暗号化と復号化

 

暗号化されたデータベースの作成 (dbinit ユーティリティの場合)

dbinit ユーティリティを使用して、暗号化されたデータベースを作成できます。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

警告

データベースに強力な暗号化を適用した場合、暗号化キーのコピーを必ず安全な場所に保管してください。暗号化キーがわからなくなった場合は、Sybase 製品の保守契約を結んでいるサポートセンタに依頼してもデータにはアクセスできません。アクセスできなくなったデータベースは、廃棄して、新しくデータベースを作成する必要があります。

 ♦ タスク
  • dbinit ユーティリティを実行してデータベースを作成します。

    • 単純暗号化でデータベースを暗号化するには、-ea simple オプションを含めます。

    • 強力な暗号化でデータベースを作成するには、-ek または -ep オプションを含めて、暗号化キーを指定します。

結果

暗号化されているデータベースが作成されます。

次の手順

データベースの起動時または作成時に、暗号化キーを指定する必要があります。

  • 次の例では、単純暗号化を使用するデータベース test.db を作成し、パスワードが sql の、DBA という DBA ユーザ ID を設定します。

    dbinit -dba DBA,sql -ea simple test.db
  • 次のコマンドは、強力に暗号化されたデータベースを作成し、暗号化キーとアルゴリズムを指定します。

    dbinit -dba DBA,sql -ek "0kZ2o56AK#" -ea AES_FIPS "myencrypteddb.db"

    このデータベースサーバを起動するには、次のコマンドを実行します。

    dbsrv16 myencrypteddb.db -ek "0kZ2o56AK#"

 参照