Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » データベースファイルのタイプ » データベースの作成

 

データベースの作成 (dbinit ユーティリティの場合)

dbinit ユーティリティを使用してデータベースを作成します。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

このユーティリティを使用すると、コマンドラインオプションを含めて別のデータベース設定を指定できます。

トランザクションログミラーによって、重要なデータがさらに保護され、トランザクションログでメディア障害が発生した場合に完全なデータリカバリが可能になります。データベースの作成時にトランザクションログミラーを保持するには、-m オプションを指定します。

 ♦ タスク
  • dbinit コマンドを実行します。

結果

データベースが作成されます。

たとえば、ページサイズが 4 KB の company.db という名前のデータベースを作成するには、次のコマンドを実行します。

dbinit -dba DBA,sql -p 4k company.db

次のコマンド (1 行で入力) は、company.db という名前のデータベースを初期化し、トランザクションログを別のデバイスに保持し、ミラーを 3 つ目のデバイスに保持します。

dbinit -dba DBA,sql -t d:\log-dir\company.log -m
e:\mirr-dir\company.mlg c:\db-dir\company.db

 参照