Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » バックアップの種類

 

フルバックアップの作成

フルバックアップを実行し、データベースファイルとトランザクションログの両方をバックアップします。

前提条件

BACKUP DATABASE システム権限と VALIDATE ANY OBJECT システム権限が必要です。

内容と備考

データベースファイルとトランザクションログファイルのバックアップコピーには、オンラインバージョンのファイルと同じ名前が付けられます。たとえば、サンプルデータベースのバックアップを作成する場合、バックアップコピーは demo.db および demo.log という名前になります。バックアップ文を繰り返す場合は、バックアップコピーを上書きしないように新しいバックアップディレクトリを選択してください。

 ♦ タスク
  1. データベースに接続します。

  2. データベースを検証し、破損していないことを確認します。検証ユーティリティ (sa_validate ストアドプロシージャ) または VALIDATE DATABASE 文を使用できます。

  3. データベースファイルとトランザクションログのバックアップを作成します。たとえば、BACKUP 文を使用します。

結果

データベースファイルとトランザクションログのフルバックアップが作成されます。

次の文は、データベースのフルバックアップをディレクトリ C:\temp\backup に作成します。

BACKUP DATABASE
DIRECTORY 'c:\\temp\\backup';

 参照