Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » データベースの検証

 

データベースの検証 (Sybase Central の場合)

データベースファイルの破損は、データベースサーバがデータベース内の破損部分にアクセスするまで判明しないことがあります。Sybase Central を使用して、データベースが有効であることを確認できます。

前提条件

VALIDATE ANY OBJECT システム権限が必要です。検証は、データベース上に他のアクティビティがないときに行うことをおすすめします。

警告

テーブルまたはデータベース全体の検証は、データベースに変更を加えている接続がない場合に実行してください。そうしないと、実際に破損していなくても、何らかの形でデータベースが破損したことを示すエラーがレポートされます。

内容と備考

バックアップコピーの妥当性を検証する場合は、どんな方法でも変更できないように、読み込み専用モードでデータベースを実行してください。バックアップ中に処理中のトランザクションがなかった場合にのみ、読み込み専用モードでデータベースを実行できます。

 ♦ タスク
  1. [SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠でデータベースを選択します。

  3. [ファイル] メニューで、[データベースの検証] をクリックします。

  4. [データベース検証ウィザード] の指示に従います。

    ヒント

    Sybase Central では、次の方法で[データベース検証ウィザード] を利用することもできます。

    • データベースを右クリックし、[データベースの検証] をクリックする。

    • データベースを選択し、[ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースの検証] をクリックする。

結果

データベースが検証されます。

 参照