Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » サーバ側のバックアップ

 

バックアップユーティリティ (dbbackup) を使用したサーバ側バックアップの実行

dbbackup ユーティリティを使用して、データベースファイルとトランザクションログ (任意) のコピーをそれぞれ別のファイルとして含むイメージバックアップを作成します。

前提条件

BACKUP DATABASE システム権限と VALIDATE ANY OBJECT システム権限が必要です。

内容と備考

ディスクサンドボックス機能がデータベースで有効になっている場合は、サンドボックス外部のディレクトリ (メインデータベースファイルがあるディレクトリと、このディレクトリのすべてのサブディレクトリ) にバックアップを作成できるように、データベースサーバのセキュリティ機能キーを指定する必要があります。

 ♦ タスク
  1. データベースに接続します。

  2. データベースを検証します。

  3. dbbackup ユーティリティを実行します。

    dbbackup -s -c "connection-string" [ -t ] backup-directory

    -s オプションを使用すると、データベースサーバ上にイメージバックアップが作成されます。

    -t オプションは、インクリメンタルバックアップを作成する場合にのみ追加します。

    このバックアップでは、トランザクションログは変更されません。

結果

サーバ側バックアップが作成されます。

次の例では、データベースサーバのコンピュータの c:\SQLAnybackup ディレクトリにイメージバックアップを作成します。

dbbackup -s -c "HOST=myhost;DBN=demo;UID=DBA;PWD=sql" "c:\SQLAnybackup"

 参照