Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » バックアップの内部処理 » トランザクションログの管理

 

ロールバックログ

データベースの内容に変更が加えられると、「ロールバックログ」が作成されます。このログは、トランザクションがロールバックされた場合、またはシステム障害の発生時にトランザクションがコミットされていなかった場合に、変更をキャンセルするために使用されます。接続ごとに個別のロールバックログがあります。トランザクションのコミットまたはロールバックが行われると、その接続に関するロールバックログの内容は削除されます。ロールバックログは、データベースに格納されます。ロールバックログページは、変更される他のページとともにチェックポイントログにコピーされます。

ロールバックログは「取り消しログ」とも呼ばれます。

 参照