Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ

 

同期やレプリケーションに関連するデータベースのバックアップ

データベースが SQL Remote インストール環境の一部である場合、Message Agent は古いトランザクションにアクセスできる必要があります。統合データベースの場合、データベース内に SQL Remote インストール環境全体のマスターコピーが格納されるので、データを失わないためには完全なバックアップ手順が必要です。

データベースが Mobile Link の設定に関連していて、dbmlsync を使用している場合は、同じことに注意する必要があります。ただし、データベースが Mobile Link の統合データベースである場合は、古いトランザクションログは必要ありません。

同期やレプリケーションの環境では、トランザクションログの名前を変更してトランザクションログを再開するようにバックアップオプションを選択できます。このようなバックアップを実行すると、古いトランザクションの情報を保ちつつ、トランザクションログが無限に拡大するのを防ぐことができます。

この種類のバックアップを次の図で説明します。

レプリケーションに関連するデータベースの場合、データベースファイルとログファイルはバックアップディレクトリにコピーされます。トランザクションログの名前は変更され、データベースファイルは所定の場所に格納されます。古いトランザクションについての情報は、Message Agent によって利用可能です。

詳細については、トランザクションログの名前の変更またはトランケート (Sybase Central の場合)を参照してください。

リモートデータベースでは、バックアップ手順は統合データベースの場合ほど重要ではありません。データのバックアップを、統合データベースへのレプリケーションに頼る方法もあります。ただし、メディア障害が発生した場合は、統合データベースからリモートデータベースを再抽出しなければならず、レプリケートされていないオペレーションは失われますログ変換ユーティリティを使用して、失われたオペレーションのリカバリを実行することは可能です。ログ変換ユーティリティ (dbtran)を参照してください。

レプリケーションに頼ってリモートデータベースのデータを保護する場合でも、トランザクションログが大きくなりすぎるのを防ぐために、リモートデータベースでバックアップを定期的に実行する必要があります。統合データベースで使用するのと同じオプション (ログの名前変更と再起動) を使用して Message Agent を実行し、Message Agent が名前変更されたログファイルにアクセスできるようにします。リモートデータベースで delete_old_logs オプションを On に設定すると、不要になった古いログファイルが Message Agent によって自動的に削除されます。delete_old_logs オプション [SQL Remote]を参照してください。

 SQL Remote でのトランザクションログの自動名前変更

トランザクションログの管理