Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » 同期やレプリケーションに関連するデータベースのバックアップ » トランザクションログの管理

 

バックアップ中にトランザクションログのバックアップコピーの名前を変更する (コマンドラインの場合)

dbbackup ユーティリティを使用して、トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更します。デフォルトでは、この名前はオンラインファイルと同じ名前です。繰り返し可能なインクリメンタルバックアップコマンドを作成するには、トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更します。

前提条件

BACKUP DATABASE システム権限が必要です。

内容と備考

トランザクションログの名前を変更する代わりに、トランザクションログのバックアップコピーを移動することもできます。

トランザクションログのバックアップコピーには、YYMMDDxx.log 形式の名前が付きます。YY は年、MM は月、DD は日です。xx は AA から ZZ までの英字で、1 日に何度もバックアップをする場合に値が 1 ずつ増加します。YYMMDDxx.log というファイル名は、順序付けではなく、ファイルを区別するために使用されます。

このバックアップオプションセットは、通常はレプリケーションに関与するデータベースに使用されます。データベースファイルのバックアップコピーとトランザクションログを作成するだけでなく、バックアップ時のトランザクションログはオフラインログとして、名前が変更されます。新しいトランザクションログは、バックアップ時と同じログ名になります。

 ♦ タスク
  • dbbackup に -n オプションを指定します。たとえば、次のコマンドは、データベースのインクリメンタルバックアップを作成し、トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更します。

    dbbackup -c "connection-string" -r -t -n c:\backup-name

結果

トランザクションログのバックアップコピーの名前が変更されます。

 参照