Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » データベースのリカバリ » メディア障害リカバリ

 

データベースファイル上のメディア障害からのリカバリ

メディア障害時に失ったファイルがデータベースファイルのみの場合に、データベースをリカバリします。

前提条件

BACKUP DATABASE システム権限と VALIDATE ANY OBJECT システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. 現在のトランザクションログの追加バックアップコピーを作成します。データベースファイルが使用できないので、最後のバックアップ後に行われた変更の記録は、唯一トランザクションログに含まれています。

  2. リカバリの処理中に使用するファイルを保存する「リカバリディレクトリ」を作成します。

  3. 最後のフルバックアップのデータベースファイルをリカバリディレクトリにコピーします。

  4. バックアップされたトランザクションログに保持されているトランザクションをリカバリデータベースに適用します。次のいずれかの方法を使用します。

    オプション アクション
    個々のトランザクションログを時間順に手動で適用する
    1. トランザクションログファイルをリカバリディレクトリにコピーします。

    2. トランザクションログの適用 (-a) オプションを指定してデータベースサーバを起動します。

      dbeng16 database-name.db -a log-name.log

      トランザクションが適用されると、データベースサーバが自動的に停止します。

    3. トランザクションログのバックアップをすべて適用したら、オンライントランザクションログをリカバリディレクトリにコピーします。

      オンライントランザクションログのトランザクションをリカバリデータベースに適用します。

      dbeng16 database-name.db -a log-name.log
    データベースサーバにトランザクションログの正しい順序を判断させ、トランザクションログを自動的に適用する
    1. オンラインおよびオフラインのトランザクションログファイルをリカバリディレクトリにコピーします。

    2. -ad オプションでトランザクションログのロケーションを指定して、データベースサーバを起動します。データベースサーバは、トランザクションログの正しい適用順序をログオフセットに基づいて判断します。

      dbeng16 database-name.db -ad log-directory

      トランザクションが適用されると、データベースサーバが自動的に停止します。

  5. リカバリデータベースに対して妥当性検査を実行します。

  6. バックアップを作成します。

  7. データベースファイルを運用ディレクトリに移します。

  8. 運用データベースにアクセスできることをユーザに通知します。

結果

データベースがリカバリされます。

 参照