Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » SQL Anywhere の読み込み専用スケールアウト » 読み込み専用スケールアウトの設定

 

コピーノードの追加

読み込み専用スケールアウトシステムへのコピーノードの追加

前提条件

このタスクでは、データベースのコピーのバックアップを作成しました。選択するバックアップ方法に応じて、その方法に対して適切な権限を参照してください。

ルートデータベースでは、child_creation の SET MIRROR OPTION が automatic に設定されています。

内容と備考

コピーノードの定義がデータベースに保存されます。スケールアウトシステムのコピーノードを事前に定義するか、コピーノードの接続時にルートデータベースサーバによって定義することができます。ルートデータベースサーバによってコピーノードを定義すると、定義時のエラーの発生率が抑えられるため、この方法をおすすめします。

 ♦ タスク
  1. ルートデータベースのバックアップコピーを作成します。

  2. データベースのコピーをコピーノードとして起動します。コピーノードを実行するデータベースサーバを起動するときは、ユニークな名前とポートを指定し、合わせて -xp on データベースオプションを指定する必要があります。次に例を示します。

    dbsrv16 -n scaleout_child_demo -x TCPIP(port=6873) "c:\scaleoutdemo\copynode\scaleoutdemo.db" -xp on

結果

データベースは、コピーノードとして起動されます。

 参照