Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » SQL Anywhere の読み込み専用スケールアウト » チュートリアル:読み込み専用スケールアウトシステムの作成

 

レッスン 1:読み込み専用スケールアウトシステムの作成

ルートノード (ルートデータベースサーバ) とコピーノード (データベースの読み込み専用バックアップコピー) を含む読み込み専用スケールアウトシステムを作成します。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:読み込み専用スケールアウトシステムの作成

内容と備考

このチュートリアルでは、すべてのデータベースサーバが同じコンピュータ上で実行されていることを想定しています。ただし、運用環境では、各データベースサーバを別々のコンピュータにインストールする必要があります。

異なるコンピュータで実行されているデータベースサーバでこのチュートリアルを使用する場合は、接続文字列内の localhost への参照を実際のコンピュータ名に変更する必要があります。

 ♦ タスク
  1. ディレクトリ c:\scaleoutdemo および c:\scaleoutdemo\copynode を作成します。

  2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行してデータベース scaleoutdemo.db を作成します。これには、次のようにサンプルデータベースのデータが含まれています。

    newdemo c:\scaleoutdemo\scaleoutdemo.db
  3. スケールアウトシステムのルートデータベースサーバを起動します。

    dbsrv16 -n scaleout_root_demo -su sql -x TCPIP(port=6871) "c:\scaleoutdemo\scaleoutdemo.db" -xp on

    -su オプションを含めてユーティリティデータベースのパスワードを指定することをおすすめします。そうすることで、必要に応じてユーティリティデータベースに接続してデータベースサーバをシャットダウンできるようになります。

  4. Interactive SQL からデータベースに接続します。

    dbisql -c "UID=DBA;PWD=sql;SERVER=scaleout_root_demo;DBN=scaleoutdemo"
  5. Interactive SQL で、スケールアウトシステムのルートデータベースサーバを定義します。

    CREATE MIRROR SERVER "scaleout_primary_demo"
    AS PRIMARY
    connection_string = 'SERVER=scaleout_primary_demo;HOST=localhost:6871';
  6. スケールアウトシステムでルートデータベースサーバをパートナとして定義します。パートナサーバ名は、データベースサーバの起動コマンドで使用したデータベースサーバ名と一致している必要があります。

    CREATE MIRROR SERVER "scaleout_root_demo"
    AS PARTNER
    connection_string = 'SERVER=scaleout_root_demo;HOST=localhost:6871';
  7. スケールアウトシステムのルートデータベースサーバのオプションを設定します。

    SET MIRROR OPTION auto_add_server='scaleout_primary_demo';
    SET MIRROR OPTION child_creation='automatic';
    SET MIRROR OPTION authentication_string='abc';
    SET MIRROR OPTION auto_add_fan_out='10';
  8. データベースのバックアップコピーを作成し、ディレクトリ c:\scaleoutdemo\copynode に格納します。

    BACKUP DATABASE DIRECTORY 'c:\\scaleoutdemo\\copynode';
  9. コマンドプロンプトで、データベースのバックアップコピーを scaleout_root_demo ルートデータベースサーバのコピーノードとして起動します。

    dbsrv16 -n scaleout_child_demo -su sql -x TCPIP(port=6873) "c:\scaleoutdemo\copynode\scaleoutdemo.db" -xp on
  10. Interactive SQL からコピーノードに接続します。

    dbisql -c "UID=DBA;PWD=sql;SERVER=scaleout_child_demo"

    コピーノードからルートデータベースサーバに接続すると、コピーノードがデータベースの読み込み専用コピーであることを示す警告が表示されます。この時点で、コピーノードに接続してコピーノードに対してクエリを実行できます。

  11. Interactive SQL で次のクエリを実行すると、スケールアウトシステムのミラーサーバを表示できます。

    SELECT * FROM SYSMIRRORSERVER;
  12. すべての Interactive SQL ウィンドウを閉じます。

結果

これで、読み込み専用スケールアウトシステムの作成が完了しました。

 参照