Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース設定 » 接続、データベース、データベースサーバのプロパティ

 

ユーザ定義プロパティ

SQL Anywhere では一連のユーザ定義プロパティがサポートされています。アプリケーションでは、それぞれのユーザ定義プロパティのセマンティックを定義し、返される値を設定する必要があります。プロパティ値は、sa_user_defined_counter_set システムプロシージャを使用して 32 ビットの UNSIGNED INTEGER 絶対値を設定したり、sa_user_defined_counter_add システムプロシージャを使って増分したりできます。sa_user_defined_counter_add システムプロシージャは、負の値を加算して、プロパティを減分するためにも使用できます。次のユーザ定義カウンタがあります。

ユーザ定義プロパティの値は、それぞれの接続、データベース、サーバで個別に管理されます。プロパティの現在の値は、CONNECTION_PROPERTY、DB_PROPERTY、および PROPERTY 関数をそれぞれに使うことで検索できます。これらのプロパティは、パフォーマンスモニタからもアクセスできます。パフォーマンスモニタは、UserDefinedCounterRaw プロパティの現在の値を絶対値で表示し、ある測定間隔内の UserDefinedCounterRate 変更速度を速度で表示します。

これらのプロパティを使用する例として、キープールに残っている現在のキーの数を示す未加工プロパティを持つことがあります。このプロパティの値は、時間の経過に従って上下に変動します。同時に速度プロパティもキープールからキーがどの程度の速さで使用されたかを示すことができます。この値は時間が経ってキーが使用されるにつれ増加し、パフォーマンスモニタはキーが使用された速度を秒単位で示します。

 参照