Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Interactive SQL » Interactive SQL でのソース制御の統合

 

その他のソース制御アクション

ソース制御プロジェクトを開いたり、ファイルのチェックインやチェックアウトを行ったりすることに加えて、Interactive SQL はその他のソース制御アクションをサポートします。これらのアクションの可用性は、使用しているソース制御システムによって異なります。[ファイル] » [ソース制御] をクリックしてから、次のいずれかのアクションを選択します。

  • [取得]   このアクションは、[SQL 文] ウィンドウ枠で現在開いているファイルの最新のコピーを取得します。

  • [チェックアウトの取り消し]   ファイルをチェックアウトしてから変更を破棄するには、[ファイル] » [ソース制御] » [チェックアウトの取り消し] をクリックします。この操作によって、ファイルの作業用コピーは破棄され、ソース制御のアーカイブにあるファイルのコピーがダウンロードされます。

  • [バージョンの比較]   このアクションは、開いているファイルの作業用コピーと、ソース制御のアーカイブにあるファイルのバージョンを比較します。

  • [履歴]   このアクションは、開いているファイルに対して実行されたソース制御アクション (通常はチェックイン) のリストを表示します。

  • [プロパティ]   このアクションは、開いているファイルに関連のあるソース制御プロパティのリストを表示します。

  • [ソース制御マネージャの実行]   このアクションは、使用しているソース制御システムの管理プログラムを起動します。たとえば、Microsoft Visual SourceSafe を使用している場合、Microsoft Visual SourceSafe エクスプローラーを起動します。