Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Interactive SQL » Interactive SQL でのソース制御の統合

 

ソース制御プロジェクトと Interactive SQL

ソース制御製品の中には、ソース制御アクションを実行する前にソース制御プロジェクトを開くことが必要なものもあります。プロジェクトの厳密な定義は、使用しているソース制御システムによって異なります。一般には、ソース制御下に置かれているファイルのセットと、それらファイルの作業用コピーが配置されているローカルファイルシステム上のロケーションのことです。プロジェクトを開くには、通常、ユーザ ID とパスワードのようなクレデンシャルをソース制御システムに提供する必要があります。

使用しているソース制御システムでソース制御プロジェクトを開くことがサポートされている場合は、[ファイル] » [ソース制御] » [ソース制御プロジェクトを開く] メニュー項目が有効になります。[ファイル] メニューからこのオプションを選択すると、プロジェクトを開くための、ソース制御に固有のウィンドウが開きます。一度プロジェクトを開くと、以降の Interactive SQL セッションであっても、同じプロジェクトを再び開く必要はありません。プロジェクトは自動的に開きます。